「森、道、市場 2019」に参加してきました!(ダイジェスト編)

5月31日(金)から6月2日(日)までの三日間。ラグーナ蒲郡で開催された野外フェス、「森、道、市場 2019」に家族3人で参加してきました。

去年に引き続き2度目の参戦。事前に準備をいろいろしたものの、トラブルもあったりしたけど、結果的にはとても楽しい時間を過ごすことができました。

今回はそんな三日間の様子をダイジェスト版としてお送りします。

当初、金土の2日間の予定だったけど、ヘッドライナーがking gnuという発表を受けて、急遽日曜日も参加することにしました。

結果、3日間全て参加というわけで、体力持つか?!と思いましたが、ゆっくり見れたことでなんとかなりましたねー。

ひとまず駐車場券を駆使して、購入したばかりのAmazonのアウトドアワゴンに荷物を乗せて会場に向かいます。

リストバンドを交換したら、まずは食から!金曜日ということもあり、少し並べばどこも買えるような状況だったので、事前にチェックしていた「未蕾」で腹ごしらえ。

未完成な蕾でみらい。「だし・麺 未蕾(MIRAI)」のだしそばを堪能しよう。@蒲郡

2019-05-10

食事を済ませて遊園地ステージについて落ち着いていたら、なんと目の前をm-floのVERBALさんが!オーラがバンバン出ていて、「アレ?もしかして、、、?」と妻と目を合わせてしまいました。

後ろの方でゆっくり見ていたのですが、改めてヘリノックスかっこいいなぁと思いましたね。

日曜日にはiriのライブがあったのですが、さすがにステージはいっぱい。プールに入りながら見ている人もいて、なんだか森道市場らしいなと思いました。

しばしサーカスステージをうろちょろ。このあたりはステージもミニマムで雑貨屋さんも多く、メインステージのエリアとは違った空気が流れていました。

当たり前だけど、去年よりもしっかり歩く娘に感動。というかフェス慣れ感してる。

こんな感じで遠目にゆるく眺めながら聴いてました。

そうこうしているうちに眠たくなってきてしまったようで、ワゴンをベッド代わりにしばしお昼寝タイム。

遊園地エリアのあとは、ビーチステージのほうへ。裸足で歩いている人や、階段に座ってハンバーガーやパッタイを食べている人など、思い思いの時間を過ごします。

ビーチステージから反対側はGRASS STAGE。前方はスタンディングエリアで後方はデイキャンプエリア。

どちらにいても音はしっかりと聞こえるので、僕らはうしろのほうで椅子を広げて、お酒を飲みながらゆっくり楽しんでいました。

でも好きなアーティストのときは、交代で近くにいったりとか、柔軟に対応しました。

日も落ちて夜の森道市場も楽しい雰囲気に。。。

揺られながら、音楽聞いて、娘と遊んでいたらお腹も空いたので、物資を調達しに、、。

(森道市場で食べた美味しいモノはまた別記事にまとめる予定。)

会場の到るところに、美味しそうなコーヒー屋さんがたくさんありましたねぇ。

BRAHMANのTOSHI-LOWさんもライブ中のMCで、森道市場のお客さんはオシャレさんが多く、美味しいコーヒーを飲むと言っていて、思わずクスッとしてしまいました。

夜の屋台感も、祭りを思い起こさせる。

あっという間の三日間。心配していた我々の体力&子どもの体調も崩れることなく持ってくれて、楽しい時間を過ごすことができました。

子供連れでも十二分に楽しむことができる地元の野外フェス。これからも機会を作って積極的に参加したいなと思います。

1歳3ヶ月の娘とベビーカーで行った音楽と食の祭り。「森道市場 2018」

2018-05-14

子連れで行く「森、道、市場」。持っていってよかったモノ2018年版。(日帰り編)

2018-05-14