子供と行く 「森道市場 2018」 。持っていってよかったもの (日帰りの場合)

Apple Musicのプレイリストに各アーティストのセットリストを保存してフェスの余韻に浸っています。

今回、小さな子どもを連れて参加したフェスだったけど、これはあってよかったと感じたものをまとめてみました。

EKKONG レジャーシート

身体全体で音楽を楽しむため、まずは土台(拠点)をしっかりと。
芝生の上と言えど、レジャーシートはあるに越したことはない。
シートともなると、かさばるのが心配だけど、このEKKONGのレジャーシートはコンパクトにまとまり持ち運びも便利、かつ 2m x 2m の大きさのため、大人4人が座っても余裕がでるので便利。

アウトドアチェア 折りたたみ 超軽量

シートの次は椅子。やはり地べたに座ってあぐらをかいた状態ではなく、椅子に背を傾けて、ビール片手に少しゆったりするくらいの余裕は持ちたいもの。

さきほどのレジャーシート同様に、こちらもコンパクトかつ軽量のため、持ち運びに最適な椅子だと思います。

ホライズンハット THE NORTH FACE

海辺ということもあり日差しがキツかった。大人は自分の身体はいくらでも守ることができるが、1歳児ともなるとそうはいきません。
特に頭はしっかりと守りましょう。

THE NORTH FACE エボリューションジャケット

海風は心地いいけど、日も暮れ始めると少し肌寒い。Tシャツの上からサッと羽織ることができるアウターをひとつ持っておくと便利です。

トラベルポーチ パタゴニア

何をするにしても両手が開いていることはメリットしかない。右手にビール、左手にフランクフルト、そんなときはパタゴニアのトラベルポーチが役立ちました。

ウエストポーチとして使うのではなく、少し紐を伸ばして、ショルダーバッグのように使うのがお洒落。フェスのリストバンドも紐に引っ掛ければ、一気にフェス慣れしてる感が出ます。

エアバギー Air Buggy

もともとエアバギーを使っていたため、今回も持っていったのですが、改めてエアバギーの機動力の高さに驚きました。

森道市場は遊園地エリアと海エリアと分かれており、遊園地エリアは下がコンクリートのため、問題なく進むことができるのですが、海エリアかつ砂浜となるとそうはいきません。

しかしエアバギーは砂浜と言えどグイグイ進みました。流木があったりしても、クイッと前輪を浮かせていけば問題ありません。

来年の参戦を考えているご家庭かつベビーカー未購入の場合は、エアバギーを強く推奨したいと思います。

自分なりにコレは持っていってよかったなと思ったものをまとめてみました。

フェスだけでなく普段の休日のピクニックにも使えるアイテムのため、これを機に持っておいても、後々役立つ機会があると思います。

1歳3ヶ月の娘とベビーカーで行った音楽と食の祭り。「森道市場 2018」

2018.05.14






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です