コンバースの弱点を克服する僕なりの方法。「Heal foot ゲルインソール」を装備する。

永遠の定番であるコンバースのオールスター。

映画「トレインスポッティング」を見てから、主人公であるユアン・マクレガーが、スキニージーンズにオールスターのハイカットを合わせていた姿に憧れて、購入したのが始まり。

しかし、そんなかっこよさの象徴でもあるオールスターにも、唯一の弱点があると思っています。それは、長時間履くとどうしても足が痛くなってしまうこと。

今回は、そんなコンバースの弱点である履き心地について、自分なりの答えを開示したいと思います。

HEAL FOOT INSOLE を入れる

たったこれだけ。Amazonで980円です。

インソールを変えるというだけで、履き心地が全く異なる靴になるから不思議。

かかと部分の厚さは約1cm

HEAL FOOT INSOLEですが、かかと部分の厚さが約1cm程度あるので、コンバースを購入するときは、普段履いているサイズのプラス0.5cm or 1cm 程度アップしたものを購入するとちょうどいいです。

自分は普段27.5cm(US9.5)のため、28cm(US10)のタイプを購入しています。

足先をハサミでカットすることにより調整可能

Lサイズを購入。大きめの作りのため、ハサミでカットして自分仕様にカスタマイズします。

通気口があるのでムレないし、防臭効果もあり

特殊素材を使用していることで、通気性が高く、長時間履いても蒸れづらい設計を実現。

防臭効果も期待できるということで、確かに臭くならない。

まとめ

というわけで、全ての靴に導入したいようなインソールです。

コンバースxインソールの最強の組み合わせを発見したので、先日の神戸旅行時に新たに別カラーの28cmを2足導入。

これならどんなタイプのコンバースを購入したとしても同じ履き心地なので安心ですね。

コンバース好きは一度は訪れるべき。コンバースの聖地・神戸元町「柿本商店」

2019.05.02






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です