中国・厦門で宿泊するなら日本人出張者の利用率が高い「ラマダホテル厦門」がオススメ。

日本ではあまりなじみのないラマダホテルですが、世界約7200ホテルを運営中のウィンダムホテルグループ(Wyndham Hotel Group)が保有するホテルブランドになります。

大連に住んでいる時も、自分の部屋が決まるまでの約2週間、同系列のラマダホテルに宿泊していました。

そんなご縁もある中、今回の出張でもまさか泊まれることになるとは感慨深い。

▷ エクスペディア (Expedia)でチェックする

▷ 楽天トラベルでチェックする

とにかく広くてキレイ

部屋に入ってビックリするのがその広さとベッドの大きさ。
軽くキングサイズくらいあるので、限界まで大の字になっても余裕がでるくらい。

テレビも壁掛けのテレビで、軽く仕事ができるくらいのテーブルもあります。
もちろんWi-Fiも完備されてます。

一息つきたいときの窓際の席。ほどよくふかふかの座り心地で、飲み会が終わり部屋に戻ってきたとき、
酔い覚ましに、少しの時間座っていました。

お菓子と果物も付いてきました。

アメニティも一通り揃っています

歯ブラシや綿棒、石鹸など、全く困らない。中国の歯ブラシはなぜか日本のものと比べると、大きめのサイズでブラシの一本一本が大きめ。

顔を洗う場所も清潔感たっぷり。

日本人の利用者が多い

この日はちょうどアモイ市内で、某業界の展覧会だったようで、ロビーにはたくさんの日本人がいました。
大連でも日本人出張者が泊まるホテルとして有名でしたね。

なぜか部屋からお風呂を見ることができる仕様

ココが中国っぽいというかなんというか。部屋からお風呂が丸見えなんですよね。
そのおかげでシャワーを浴びながらテレビを見れたりするんですが、ちょっと部屋入って笑ってしまいました。

なんとウォシュレットまで付いてます

とうとう中国でもウォシュレットきたかーと思いました。長い道のりだった、、。
中国のトイレ事情といえば、あまりいい噂は聞かないと思いますが、ウォシュレットが付いていたのは個人的にとても嬉しかった。

朝ごはんの種類も豊富

朝ごはんも和洋中、何でも揃ってました。ご飯、パン、味噌汁、にゅうめんなど、どれから食べようか迷ってしまうほど。
個人的には梅干しまでや味付け海苔まで完備されていて、日本のホテルかと思いました。

全体の雰囲気。

にゅうめんを作ってもらっているところ。麺の種類と入れる具材、スープの種類を選んでシェフに作ってもらいます。

出来上がった麺。どことなく優しい味のとんこつラーメン的な味で染みました。

フロア全体も清潔な雰囲気で朝から気持ちよかった。

まとめ

中心部から近くて、部屋も広く、清潔感たっぷり。
厦門で宿泊するのであれば、この場所を選んでおけば間違いないと思います。

▷ エクスペディア (Expedia)でチェックする

▷ 楽天トラベルでチェックする

関連:ホテル情報も旅行毎にまとめたい

なかなか異国のホテル事情ってわからないと思うので、積極的にアップしていきたい。

グアム/Dusit Thani Guam Resort(デュシ タニ グアム リゾート)

2018.07.29

富山旅行の際は「天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃」に宿泊しておけば間違いない

2017.08.15

地球の歩き方 D05 広州 アモイ 桂林 珠江デルタと華南地方 2019-2020【電子書籍】

created by Rinker

新ゼロからスタート中国語 会話編 [ 王 丹 ]

created by Rinker






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です