2018-06-23

東京・恵比寿/板蕎麦 香り家


ヱビスビール記念館をあとにした後、腹ごしらえのため、
恵比寿駅近くの有名そば店・板蕎麦 香り家へ連れて行ってもらった。

「訪れた客人をもてなすのに、
育てた蕎麦をおだしする「蕎麦振る舞い」と呼ばれる習慣がありました。
また、蕎麦を入れる器の代わりに保存用の板箱をそのまま器に使ったところ、
見た目の意外性が大変喜ばれたそうです。
「板蕎麦 香り家」ではお客様をもてなす気持ちを
大切に挽きぐるみの田舎蕎麦を提供しています。

開店30分前に行ったが、徐々に数人ずつ人も並び始め、
開店時間になると同時に満席になるほどの人気ぶりだった。

サイドメニューがすでに美味しい。

鰹のたたき、だし巻き卵、箸が止まらない。

大きな木の板の器に、大胆に乗せられた蕎麦。
蕎麦つゆが胡麻と出汁の2種類、楽しむことができる
「お試し蕎麦切り」をセレクト。

太め、細めと選べたため、細めをお願いしたが、
思ったほど細め感はなく、もちもちした食感でコシがあり、
一口含んだ瞬間に美味い美味いと言いながら一瞬で平らげた。

〆の蕎麦湯も、胡麻・出汁、両方楽しむことができ大満足。
恵比寿に行ったときは、ぜひ立ち寄りたい蕎麦店だ。

板蕎麦 香り家 (いたそばかおりや) – 恵比寿

東京都渋谷区 恵比寿4-3-10 中出センチュリーパーク1F

tel : 03-3449-8498


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA