味の暴力。セブンイレブン「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン」を食した。

2019年6月にリニューアルしたとされる、「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン」。

以前から、セブンイレブンで見かけては、「なんだこれは?」と気になっていたのですが、先日偶然にも食べる機会を得ました。

表紙に大きく、

・ 極太麺
・ 野菜
・ 豚
・ にんにく

とあり、名前が豚ラーメンですからね。

豚になれと言ってるようなもんです。

ラベルを外して、電子レンジにピットイン。

500Wで7分20秒、1500Wで2分20秒で完成です。温められている途中から、すでにヤバい匂いがプンプンしてきます。

「どジャアァァ~~~~~ん」

と暴力的な匂いとたっぷりとのせられた、もやし&にんにく。こいつぁヤバい。

スープが予想以上に少なめで、極太麺の表面がこころなしかツヤツヤしているように思います。

一口食べたところ、濃厚なスープと絡み合った麺がなんともいえない背徳感を感じさせます。

中でもチャーシューがしっかりとしていて肉厚で美味。

気になっている方、無性に身体に悪いものを食べたくなったときは、気にせず頂いちゃいましょう。

まとめ

「我が心と行動に一点の曇りなし・・・・・・・・・・! 全てが『正義』だ」 と思わずつぶやいてしまう一品です。

関連記事:コンビニ飯があなどれない。

コンビニ飯のクオリティが凄い。スイーツも気にあるものがたくさん。

ビールに合う最高のおつまみ。「インデラカレー柿の種」が美味しい。

2019.04.25






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です