歌舞伎だけじゃない。夜の伏見の穴場スポット「御園小町」

御園座って歌舞伎のイメージしかなかったんですが、先日伏見周辺で飲んだ帰りに、2017年12月に御園座1Fにオープンした御園小町にふらっと立ち寄ってみたら、これが思いの外よかった!

単なるお土産コーナーだけでなく、イートインコーナーがあったり、クラフトビールが飲めたり、インスタ映えしそうなコーヒーがあったりと、とても面白かったので紹介したいと思います。

芸術&文化の街、名古屋・伏見の御園座タワー1Fにある「御園小町」は、イートイン、テイクアウト、おみやげコーナーが揃った食のテーマパークです。
観劇を楽しむ「演」、食と酒を楽しみ語らう「宴」、人々が集う場所の「園」、大切なお金・豊かな関係としての「円」、そしてそれらを通じてお客さまと出会えた「ご縁」、この5つの「エン」が叶う場所として誕生しました。
観劇ついでのお食事から、ほっとひと息つきたい時まで、気軽にお立ち寄りください。
公式HPより

クラフトビールやハートランドを飲むことができる

”御園ビール”として、名古屋が誇るクラフトビールY.MARKET BREWINGがセレクトしたビールが販売されてました。

他にも金しゃちビールや、おみやげコーナーには様々なビール、バー・スナックメニューとして軽いツマミもあったりと、軽く楽しむには最適なんじゃないかなと思います。

生しるこサンドを食べることができる

松永製菓さんが誇る永遠のベストセラーである「しるこサンド」。

そのしるこサンドが長年の開発を経て、ワンランク上の高級菓子としてリリース。

▷ 生しるこサンド

名古屋に住んでいながら、御園小町に立ち寄って初めてその存在を知りました。せっかくなので、一箱買ってコーヒーと一緒に食べてみようという話になり購入。

しっとりとした食感に、あんこ風味のクリームサンドが挟まれていて、味はまさに上品そのもの。

お土産に買っていくと喜ばれること間違いないと思います!

特製紙コップでオーガニックコーヒーを飲むことができる

飲んだ帰りだったので、ちょっとチルしようと思って、コーヒーと生しるこサンドを頼んだのですが、出された紙コップに驚きました。

紙コップに施された歌舞伎のメイクである「隈取」。メチャクチャかっこいい。

コレ撮りに行くだけでも行く価値あるんじゃないかな。

夜の9時までやってるので、軽い飲み直しにどうぞ!

僕らが行ったのは19時半〜20時くらいの時間帯だったと思いますが、店内はご覧の通り貸し切り状態。

たまたまイベントがなかったタイミングだったのかもしれませんが、席数も多いのでかなり穴場かと。

なにも用がなくとも、立ち寄ってみて、カフェ代わりに利用するのもいいんじゃないかなーと思います!

▷ 御園小町

御園小町

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1丁目6−番 15号御園座タワー1F
食べログをチェックする







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です